有名カメラマン 植田正治

有名カメラマン 植田正治

植田正治
植田正治(1913年3月27日から2000年7月4日まで、うえだしょうじ)は、日本のカメラマンです。
「上田のようである」ように、上田の前衛的な方向写真は知られています。
そして、「上田町」としての写真出生の場所であるフランスのそばに、日本の表記法は
ちょうど導入されます。
境港市(ほぼ70年間の出身地であった鳥取)に拠点を置く写真活動を行いました。

境町、西伯郡、鳥取(既存の境港市)で生まれます。
出身地は、はきもの店です。ビジネス名は、店を妨げます」。
おじいさん、文タロウは境町の重鎮で、町議会の境界線議員に仕えます。

友人社会、写真の日本の協会、中国のカメラマン・グループ、銀龍社をコピーすることは
米子の小学生の時代の写真を含む参加です。
かなりの数を得ます。選ばれることと戦争の後いて、戦時の間、それを書くことができて
戦争の前に写真雑誌のコンテストにおいて活性役割を果たすことができます。
特に1980年代の後、多数の展示保持と写真出版の収集を行いました。
数がある職場では、鳥取砂丘のステージでした「砂丘シリーズ」は、有名です。

上田作業は逆にものを象徴するために芸術物と特徴のように人を配置する構成を持って
土門拳と名取洋之助の時代の後個人性と方向を重んじた日本の写真傾向と同等でした。

新着情報