有名カメラマン 掛川源一郎

有名カメラマン 掛川源一郎

掛川源一郎
掛川源一郎(かけがわげんいちろう、11月17日からの2007年12月26日まで1913(1913)は
カメラマンです。室蘭、北海道-町(既存の室蘭市)出生。

学校で中学校出席の間、カメラを開始します。
室蘭高校(既存の室蘭、北海道栄高等学校)、千葉の高さの庭造り学校
(Horticultureの既存の千葉大学学部)卒業。
真実文寺院新興社「事実庭造り」編集場所で働きます。
カメラマンと編集記者として活発な部分をします。

土門拳が50sに提案したリアリズム写真(絶対の非方向の絶対のスナップ)に、影響を受けます。
北海道の社交的なグループ・カメラマンとして、伊達高等学校の戦争の後の先生として働く間
長期の間貧困漁村と開発農家の生計、アイヌ人レース、伊達火力発電所建設反対運動
灰白髄炎(ポリオ)の子供たち、ウス噴火山の写真を撮ります。
1961年に雑誌「界」の口絵で、第2の講談社写真賞を獲得しました。

「「アイヌ人の4シーズン」アイヌ人の神話」で「若いウタリ」で
「地球で主な本(更科源蔵に対する共同の活動)で有効な」「バチラー八重子の命」。
1991年に、第7のヒガシカワ賞特別な賞を獲得します。
2000年から札幌市に居住します。2004年4月に、山口昌男のおよそ70人の
ヨシダ・ルイス子供たちに関する全研究論文と文化人類学者のカメラマンが写真の
コレクションに語を送って、写真「情報源一郎掛川が見た戦後の北海道」の収集を発表します。

新着情報