有名カメラマン 石川光陽

有名カメラマン 石川光陽

石川光陽
石川光陽(それで、その石川は本当の名前を尋ねます:)石川武男。-1989の年齢(1989)は
警官(1,904年の間警視庁(1904)に属したカメラマン)です。
一般直接の順に本部長を迎えることをそばに知られていて、東京電撃戦の恐ろしい光景の
写真を撮っていました。

草案期間が吐き出されたあと、人に写真にスタジオを貸すことで東京に関係するものに人に
たかりました。しかし、知人の大崎ステーション巡査部長のアドバイスが、あります。
そして、1927年の(1927)の警視庁を入ります。
しばしば警視庁の写真撮影の働きをして、アンと呼ばれているガラス乾板-タイプ・ビッグバーサを
使いました。
石川が後で大事にしてきた機械として使ったライカDIIIを使い始めるまで行きます。
1936年に消防活動部入口を造っている警視庁本部政府から(1936)の2.26のケースの時に
警視庁三階の輸送部営業所に入って、そこから警視庁中庭でスタックにする兵士の写真を撮って
必死の思案において待ちました。
このケースの場合、店の赤坂列と通り警察署任務時代の家からの同僚であった
ドイ・キヨマツ警官(警視庁警察情勢部ガード部任務、総理府配置)は、その郵便で死にます。
それを招かれて、斜面シンヤ将軍本部長によって1942年に直接4月18日のB-25によって
空襲の直後に空襲の記録写真の写真を撮った(1942)という命令を、ボスであった
警察情勢課長の原文兵衛は、スタートに与えられました。
それは非常に危険な義務でした。しかし、光陽は写真を撮り続けました。

新着情報